Live2D SDK for Flashでラスタライズするライブラリをつくってみた

This movie requires Flash Player 9

以前つくったflashに修正を加えてみました。今回紹介するライブラリを使ってます。

     ・クリックでモデルチェンジ
     ・ドラッグすると傾きます

 
上のflashは気にしないでください。
さて今回は前に言ったとおりLive2Dのモデルをビットマップ出力する自作ライブラリの紹介です。
Live2D SDK for Flashはベクターデータしか出力できないのですがこのライブラリを使用するとラスターデータ出力が可能になります。
以前つくったLive2Dモデルをswfに埋め込むライブラリにビットマップ出力機能を追加したものになってます。
スプライトとして受け取ったベクターデータをビットマップ化してから表示させているため通常のスプライト描画より負荷がかかるという難点があります。

//タイムラインに記述しています。

	import jp.live2d.model.Live2DModel;
	import monochromebit.L2dUtilCls;//今回つくったクラス

//自作クラスのインスタンス化
var l2dUtilCls:L2dUtilCls = new L2dUtilCls();
//モデルの入れ物
var l2dAndMod:Live2DModel;
//モデルを入れるビットマップ
var scrBmp:Bitmap = new Bitmap();

//MOB_LIST[xx]のインデックス番号のモデルをセット
l2dAndMod = l2dUtilCls.getModel(1);

//ビットマップ化したLive2Dモデルをセット
//二つ目の引数は拡大縮小 0.5だと1/2  2だと2倍
scrBmp.bitmapData = l2dUtilCls.getBitmapModel(l2dAndMod , 1.5);

			//ビットマップを登録
			stage.addChild(scrBmp);

こんだけです。とっても簡単です。
 

今回つくったクラスの中身

//mobファイルをバイナリとして組み込んでロード
package monochromebit
{
	import jp.live2d.model.Live2DModel;
	import flash.utils.*
	import flash.display.*;
	import flash.geom.*;//マトリックス用
	/**
	 * @author knov
	 * 多量のMOB埋め込み活用
	 * ビットマップ出力
	 *
	 */
	public class L2dUtilCls{
		public var l2dMod:Live2DModel;

		/**コンストラクタ**/
		public function L2dUtilCls(){}

		//スプライトをビットマップデータ化して返す
		//BitmapData型で返す必要がある
		public function getBitmapModel(l2dMod:Live2DModel,reSize:Number):BitmapData{

			var tmpRect:Rectangle = l2dMod.getCanvasBounds();
			// 透明なBitmapDataを用意。背景を塗りつぶすため
			var modBmd:BitmapData = new BitmapData(tmpRect.width*reSize ,tmpRect.height*reSize,true ,0x00000000);//関数内で作成する必要がある

			//スプライト取得
			var tmpSpt:Sprite = l2dMod.getSprite();

			var mtxElem:Matrix = new Matrix();
			mtxElem.scale(reSize ,reSize);//拡大縮小
			mtxElem.translate(0 ,0);   // 描画位置
			modBmd.draw(tmpSpt,mtxElem,null,null,null,true); //spriteをラスタライズ
			return modBmd;
		}//getBitmapModelEND

		//モデルを生成して返す
		public function getModel(element:int):Live2DModel{
			//MOD_LISTからモデルロード
			l2dMod = loadBinMod(element);//○番めのmob読み込み
			return l2dMod;
		}//getModelEND

		//バイナリからモデルロード
		private function loadBinMod(element:int):Live2DModel{
			var byteArray:ByteArray = new MOB_LIST[element] as ByteArray;
			return Live2DModel.loadFromByteArray(byteArray);
		}//loadBinModEND

include "../moblist.as"//mob登録リスト

	}//classEND
}/**packageEND**/

今回もCS5でflaファイルにメインコードを記述しましたがクラス自体はflex環境でも使用可能です。
実行にはLive2D SDK for Flash 1.0が必要です。
▽ダウンロードはこちら
zipでやる

Leave a Reply

サイト内捜索
キャレンダァ
2018年4月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30